◆HACCP基準を完全サポート


1.まずは、予約フォームより、希望エリア等入力して予約を入れる!
2.近隣エリアで集まり次第、日程と場所をメールでご案内!

3.場所と日程の都合が合えば、返信メールで正式申込!


◆やってなければ、どうなるの❓

【営業停止を決めるのは…】

食中毒が発生すると、保健所は調査に来ます。そして、「口頭指導」「書面指導」「行政処分」のどれかが決定されます。

◆「口頭指導」=口頭での指導で終わります。自主的な営業改善と注意で終わり、HP公表もありません。

◆「書面指導」=口頭指導に書面指導が加わります。衛生改善項目を書面で指導となります。この場合、保健所のHPで、会社名、住所、店舗名、代表者名、食中毒名が公表となります。

◆「行政処分」=「営業停止」「営業禁止」「営業許可取り消し」のいずれかになります。

 保健所は、地域住民の健康管理を最大の目的とした公的機関です。処分の大きな決め手は、「再発の可能性」です。2021年6月よりHACCP義務化となっています。万が一、HACCP対応していなかったらどうなるでしょう?立派な義務違反で、「再発の可能性が少ない!」と言えるでしょうか?

 万が一、食中毒が発生した場合、HACCP対応していなければ、「口頭指導」「書面指導」はありません。義務違反により、行政処分からのスタートになります。つまり、営業停止は避けられないのです。


◆何をすればいいの❓

 まとめあげるとこの様になりますが、やる事が多くて何から手を付けたらよいのか解りませんね。しかも、様々なサイトを見てみると、お料理を「非加熱・加熱・再加熱」に分解しなければならず、仕込みの多い個店には、手の付けようがありません。しかし、「これを行いなさい」というのが義務化です。


◆自店で行うのは不可能…コンサルは、高い❕

ご安心ください。弊社では、個店~中小店飲食業様向けに、HACCP基準完全サポートを行っています。

しかし、問題は費用です。1店舗分のHACCP基準完全サポートは、下記の様なものを制作します。

 ・一般衛生管理PRPマニュアル作り

 ・一般衛生管理計画書

 ・一般衛生管理検収書

 ・重要管理計画書

 ・重要管理検収書

50ページにもなる資料作りですので、それなりに費用は掛かります。それは、弊社でも同じことが言えます。


◆10社ほど集まって、皆で作れば、安くなる❕

弊社も17年ほど居酒屋を経営しておりました。1個店がかけられる費用というのは限界があります。通常、1店舗対応では9万円(一般相場では20万円~30万円)かかってしまいますが、弊社では、10社ほど集まって集合研修型で作成サポートすることにより、皆様のご負担を軽くすることが可能になります。

自社制作は大変です。しかし個店様がHACCP対応にお出しできるご費用には限界があります。

集合タイプHACCP完全サポート6万円(消費税別)


1.まずは、予約フォームより、希望エリア等入力して予約を入れる!
2.近隣エリアで集まり次第、日程と場所をメールでご案内!

3.場所と日程の都合が合えば、返信メールで正式申込!



◆いつから始めれば間に合うの❓

2020年6月からの義務化、猶予期間1年間ですから2021年6月には稼働しておかねばなりません。万が一2021年6月に食中毒が発生した場合、実行された検収書がせめて3か月分ほどないと、『再発の可能性が少ない』という説得力に欠けてしまいます。すなわち、2021年3月には、稼働させておかねばなりませんね。


◆実際の様子

【1日目】

サンプルを見ながら、皆さんで仕込み・料理の計画書を作成します。計画書は、食中毒の防止・対策を考慮して作成しなければなりません。1社づつの細かい質問にお答えしながら、丁寧に進めて参ります。

※参加者:仕込み・調理が解る方

◆第1回、千葉市開催 7社合同

 い志い 熟成鶏十八番 稲毛店

 2020年8月20日、9月3日開催

 

 ◆第3回、東京赤坂開催 14社合同

 やさい村大地 赤坂田町通り店

 2020年11月12日、11月26日開催



【2日目】

・仕上がったマニュアル、計画書、検収書をお渡しします。

・検収書の記入方法説明

・食中毒の勉強会

※参加者:経営者・責任者・店長等

保健所は、何を基準に営業停止日数を決めているのか?も講義内容に含まれています。

食中毒の簡単なテストと答え合わせ。今まで食中毒の勉強をする機会が殆ど無かったので、平均点は、10点/100点満点ほどです。



【2日間の日程終了】

2日間の日程終了後、弊社より

「食中毒防止講習会参加之証」を発行いたします。

これがあるから安全!という意味ではありません。

これを見て、学んだことを思い出しながら、食中毒防止に励んでいただくためのものです。




【HACCP制作完全サポート】私もサポートをお手伝いします。

株式会社エンター代表取締役 藤崎 広二

 飲食店は、今、コロナ禍でとても大変な思いをされています。そこに食中毒が発生してしまうと完全にアウトです。食中毒を出さないためにも、食中毒の事を学ぶ必要があります。今回のHACCP導入は、食中毒を学ぶ良いきっかけと思えば、ハードルはさほど高くありません。ただ、1人で作成するには、高すぎます。

 私もしっかりサポートしますので、是非、ご一緒に作成しませんか?